Daily

見た映画とか円盤とか、読んだ本とか、聞いた音楽とか。備忘録代わり。

Feb 5, 2016

J・Sバッハ G線上の幻想なんかはまさにだと思うけど、アニメーションというよりはアヴァンギャルド映画っぽい雰囲気がある。つまりは悪夢めいている。
飴の包み紙からネジとか、肖像画への落書きとか、「生け」垣とか、無知で無邪気ゆえに際限がない子供の想像の、危うい部分のみを集めて煮詰め凝縮したもの、とでも言えばいいのか。こんなのが60分も90分も続くんじゃ堪ったものではないが、安心してください、短編集ですよ。
否、短編とは言え破壊力抜群で全然安心じゃないけど。

東欧の歴史や民族性、シュヴァンクマイエル個人の逸話なんかが分かるともっとスパイスが効いて面白いんだろうなあ。
東欧の近代史勉強したいって言い始めたのいつだっけ…ヒストリアン読んだ頃…?えっ、ヒストリアン10年前なの?

広告を非表示にする