Daily

見た映画とか円盤とか、読んだ本とか、聞いた音楽とか。備忘録代わり。

Feb 8, 2016

 

ロスト・リバー [DVD]

ロスト・リバー [DVD]

 

俳優ライアン・ゴズリングの初監督作品。
日本公開が決まった時から楽しみにしてたし、当時余るほど時間はあったはずなのに、蓋を開けてみれば公開開始日を勘違いしていたという、悲しいかな、ワタクシ的によくあるオチで見逃してしまったシロモノ。ゴシック趣味のガジェットと、ネオンカラーと、そこに映し出される人々の輪郭がフォトジェニックで、つまりは今、劇場で見なかったことを死ぬほど後悔している。
画作りに注力し過ぎたのか人物の書き込みが極短に浅く、特にラスト5分はネグレクトにも等しい超展開で収束する(させる)この雰囲気映画を相手取って何故、あんな愚かな真似をしてしまったのか。と。※ディスではない

言及したい場面は多々あれど、サイコパスヤンキー(頭のネジが数本外れた言動で住民を脅し牛耳っている)の高級車に取り付けられた玉座に座り、街を睥睨して走るシアーシャ・ローナンの大物感といったら。むちゃくちゃに痺れた。
これはBDで見るしかない!と鼻息も荒くツタヤディスカスを開いたらDVDしか扱ってなかったので、夏のボーナスをもらったら買う予定。

ていうか難しいことは抜きに、下向きに稜線を描く目ともの柔らかな声と発音を併せ持つライアン・ゴズリングのブルーアイズが映し出す世界はネオン煌めく闇と暴力とデカダンス、っていう事実だけで興奮しない?するよね?ヘイガール。
エレクトロ中心のサントラもどツボだったし、次があったら化けるんじゃないかなー。ゴズリング監督。

広告を非表示にする