読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Daily

見た映画とか円盤とか、読んだ本とか、聞いた音楽とか。備忘録代わり。

Feb 26, 2016

 

ブルーバレンタイン [DVD]

ブルーバレンタイン [DVD]

 

とある夫婦の、始まりと終わりの物語。
美しいばかりの過去と、倦怠期から抜け出せず互いに傷つけ合いながら落ちてゆくばかりの現在とを並行して描き、苦い後味をエンディングの花火でカタルシスへと昇華させる構成もさることながら、そこに説得力を添える主演2人の演じ分けがとにかく素晴らしかった。

個人的に二回目の鑑賞を躊躇う映画ぶっちぎりの第1位「ゴーン・ガール」では、結局ニック(夫)にも"アメイジング・エイミー"の一登場人物足り得る素質が備わっていて、2人は同じ穴の狢だったということが物語を通して証明されるが、それとは逆のベクトルで、シンディとディーンは生まれも、結婚に対する考え方も、将来観も、生き方も、まるで全てが違うのだということが、何気ないやり取りや台詞の中で証明される。
両親不在のまま育ち、結婚生活にある種ロマンティックな幻想を抱いているディーン。一方でシンディは父親から母親への家庭内暴力を目の当たりにしながら育ち、恋だの愛だのにはすっかり幻滅しきっている。「子供のため」を思えば思うほど、各々が出す結論の溝は広がってしまうという設定の妙がまた秀逸で、切ない。

(過去パートの)ライアン・ゴズリングミシェル・ウィリアムズが美男美女という点を除けば、普遍的でありふれた、誰の琴線にも触れる部分のある恋愛映画だと思う。私的には、こんな良い人を好きになれなかったらおかしいしもったいないというズレた認識でお付き合いした(結果的に大爆死することとなった)人とディーンがオーバーラップして、シンディの態度は確かにひどいけど、分からないでもないなあってジレンマを抱きつつ見てた。サンダンスやカンヌへの出品も納得の、というかもっと賞レース関係で持て囃されるべきだったのでは?と疑うぐらいの良作。

広告を非表示にする